社長挨拶

昭和33年に代表取締役に就任し、既に半世紀もの年月が過ぎました。高知市内を拠点とし、地域に根ざした企業として今日まで頑張っております。昭和54年には四国で初めて下水道管の推進機械を導入し、数々の下水道工事を手懸けてまいりました。しかしながらバブル景気の崩壊を境にして、建設業を取り巻く環境は厳しさを増すばかりで平成10年をピークとして、現在は売上高で3分の1に減少しています。

しかし、ピンチこそチャンス。

弊社の経営理念であります『健全で創造的なオンリーワン企業を目指し、品質の向上、信頼の向上を掲げ、社業の発展を通じて社会に貢献する』をモットーに、より一層研鑽を重ね、各位の期待に応えるべく邁進したいと存じております。

なにとぞ、一層のご指導ご支援をたまわりますよう、お願い申し上げます。

代表取締役  
東山 瑞穂